アルギニンのPHを測ってみると・・・

アルギニンのサプリのレビュー欄を見ると、そのまま飲んで胃が痛くなったとか胸焼けしたという感想がよく見られます。これはアルギニンが強アルカリ性で、そのまま飲むと刺激が強すぎるからと言われています。

 

アルギニンは実際に水に溶かしてPHを測ると10くらいです。でもコンニャクのPHは11〜12で実はアルギニンよりも高いのですが、コンニャクを食べたからといって副作用があったというのはあまり聞きません。

 

酸性のクエン酸で中和して飲むと中性になるからよいとよく言われますが、クエン酸も体内に入るとアルカリ性に変わるし、強アルカリだから身体に悪いというのはあまり関係なかったりします。

 

どちらかというと、そう信じている消費者の方を安心させるためにクエン酸を入れている例もあるようです。またアルギニン自体、そのままだと匂いも味もあまり良くないのでクエン酸を入れることで飲みやすくしている面もあります。

 

アルギニンだけでも安全に飲むことはできますが、個人差もあるし、もし副作用が出るようならクエン酸で中和して飲むとよいでしょう。

 

じゃあクエン酸で中和する必要なんでないの?

アルギニンには過剰摂取による副作用があります。多いのは下痢や胃腸障害、胃痛などです。胃が弱い方には刺激が強いようですが、一方で胃が強いのか何も副作用がない方もいます。

 

アルギニンは海外製のサプリが多いのですが、その多くはアルギニン単体(フリーフォーム)であり、単体を空腹時に摂取すると吸収が早いと言われています。そのためパウダー状のフリーフォームのアルギニンがよく出回っています。

 

少しでも胃痛をやわらげるには胃酸が少ない空腹時よりも胃酸の分泌が活発な食後に、それも1日に1度ではなく、何回かに分けて毎食後に摂取すると刺激を避けることができます。

 

アルギニン商品の中には最初からクエン酸で中和されて非常に飲みやすくなったものもあるので、心配な方はそういう商品を選ぶといいでしょう。当ブログで紹介しているL-アルギニン5000プラスもその一つです。味も美味しいのでおすすめです。

 

 

中和するならクエン酸

クエン酸を買って中和したいという方におすすめのクエン酸を見つけたので紹介します。

 

 

NICCHIGAというブランドの「クエン酸1kg」で1キロ入ってるのに値段は780円です。保証純度は食品添加物規格の99.5%以上です。Amazonではアルギニンサプリと一緒に買う方が多い商品で、レビュー数も200以上あるので買う前にじっくりと読んでみるといいです。

 

中和する以外にも掃除や洗濯など使い方がいろいろあるので興味のある方は調べてみては?