アルギニンの脂肪燃焼効果でダイエットできる?

アルギニンの摂取はダイエットにも効果が期待できると言われています。

 

ダイエットの基本的な考えですが、体重を減らすためには、食べた以上にカロリーを消費する必要があります。食べ物から摂取する1日の総カロリーを消費カロリーが上回るように生活習慣から正していかなといけません。

 

そのために食事を減らしたり炭水化物抜きなど食事制限を行うことで本来落とすべき脂肪どころか筋肉まで落としてしまうことがよくあります。

 

カロリーを消費するのは基礎代謝です。1日に消費するカロリーの大部分は基礎代謝であり、基礎代謝は筋肉の量に比例します。したがって筋肉を落としてしまうと、それだけ体重も減りにくくなるわけです。

 

たとえ同じ量の食事をしていても、基礎代謝量が少なくなり、より太りやすくなります。だから大事なのは筋肉量をいかに落とさずに体脂肪だけを落とすかということになります。

 

これまでの研究でアルギニンを摂取することで成長ホルモンの分泌が促進されることが明らかになっています。成長ホルモンはタンパク質を合成するアミノ酸の吸収を促し、タンパク質の合成を促進する働きがあります。

 

そのため成長ホルモンが分泌されることで筋肉が落ちることを防いでくれる効果があります。ダイエットする際はアルギニンを同時に摂取することで基礎代謝量を減らさずに済むわけです。

 

またアルギニンによって生成される一酸化窒素には体脂肪の燃焼を助ける効果があることが分かっており、一酸化窒素によるダイエット効果も見込めます。

 

もちろん、何も運動しないでアルギニンだけ摂取すれば痩せるわけではありません。あくまで摂取カロリーを上回るカロリーを消費していることが大前提になります。

 

大事なのは王道のダイエット手法で食べたら、それ以上のカロリーを運動して消費すること。これにアルギニンを摂取することでダイエットがより効果的になるのです。