L-アルギニンは男性不妊に効果ある?

結論から言うとアルギニンは男性不妊に効果があります。元々アルギニンは精子の数を増やし精子を活発にするのに必要な栄養素です。アルギニンが不足すると不妊の原因になるのです。

 

ある研究によると不妊症の男性にアルギニンを摂取させたところ、精子の数の増加が見られ、精子の運動性もアップし、不妊症が改善された結果、パートナーの女性の妊娠が確認された事例もあるようです。

 

不妊症といえば昔は女性に責任があるような風潮でしたが、現在では不妊症の半分は男性にも原因があることが分かっています。もし男性が原因ならば何とかしないといけません。

 

男性不妊症の主な原因といsて、精子を作る能力の低下(造精機能障害)や精子の通り道の不具合(精路通過障害)、精巣以外の副性器(副睾丸、精管、精嚢、尿道腺、陰茎)の障害、射精障害などが挙げられます。また不妊症の男性の2割はEDだとも言われています。

 

アルギニンは精子の成長に必要な成長ホルモンを分泌させて精子を増やし、運動性の向上に重要な働きをするポリアミンを生成し、運動性を高めます。以上のことから男性不妊にアルギニンは効果があると考えられています。